ブローグ横丁

アーカイブ

上坂も書いておりましたが
「オーシャンズ」なるかっちょええ雑誌がございまして。

IMG_9454.jpg

「明晩、ホームパーティするけど、どう?」的な
「いい革靴で始まる、大人のいい休日」的な
「今秋のアウターは、モダンなアメカジで」的な、


IMG_9464.jpg


なんともイカス内容の記事がラインナップしておるのですが、
その10月号の企画ページに、
我が「サカバナ」がご紹介されております。



どーん!

IMG_9455.jpg

これまで新聞の書評や
「Oton」「HO」「たる」「TVガイド」などなど様々な雑誌や書籍で
ご紹介していただきましたが(深く感謝しております)

今回はコンビニにも置かれている全国的なファッション誌。うひょー。


常日頃、
古酒場だとか
商店街だとか
食堂だとか
路地裏だとか
銭湯だとか
ギリギリの立飲屋とか
瀬戸際のラーメン屋とか
絶滅危惧種のスナックだとかの巡回パトロールを
生きがいとしているワタクシや上坂などにとっては、
高嶺の花、雲の上、宇宙の果てレベルにかけ離れた
別次元の媒体ではあったのですけども...

IMG_9416.jpg

こうして掲載していただくと
なんとも身近といいますか、親近感といいますか、
馴染みの酒場的な感覚になるから不思議であります。
オーシャンズ万歳!オーシャンズ乾杯!


なので。


シーズライター陣、
ここからオーシャンズの愛読者になり...


ちょいワルな、
シャレオツな、
ワードローブな、
ホームパーティな、
穴あきデニムにスニーカーな、
胸元にチラリとシルバーネックレスな、
グラサンにハダシで革靴でアディオスな、
そんなメンズを目指そうかと。


IMG_9462.jpg

みなさま。

今秋のシーズライター、とりわけ上坂の変貌ぶりに、ぜひご注目ください...

IMG_9467.jpg


あと...ぜひ「オーシャンズ」もご購入を!

IMG_9469.jpg

数多の皆さまのお力とアルコール臭と、
酒のイキオイをお借りしてリリースした「サカバナ」。


「書店で見かけたわ」「しょうがないから買ってあげたよ」
「クッダラナイネ」「何コレ?」などなど、うれしいお言葉をいただけました。


おかげ様で(本当にありがとうございます)在庫もわずか。
しかしながら発売から約2カ月がたったこともあって、
「サカバナ」もそろそろ下火...(そもそも着火していませんが)


と思っておりましたところ、あまりに意外すぎる朗報が!

37.5歳からのメンズファッション&ライフスタイルマガジンを掲げる、
株式会社ライトハウスメディア様の雑誌「OCEANS」で、
「サカバナ」を紹介してくださるとのご連絡をいただきました。

「OCEANS」のWebサイトはコチラ


掲載していただくのは「メガネと本」なるコーナー。
_MG_5812.JPG

あの...こんなに素敵な誌面に
「サカバナ」を掲載して大丈夫ですか?
読者層のおしゃれな中年男性が離れちゃいませんか?

だって、中には30代半ばにして母親から「本当に恥ずかしい。アンタ酒やめな」と
叱られるくらいドイヒーな泥酔記録も綴られているんですよ?


でも、だけど、全国に流通するカッコイイ雑誌に載せてもらえるなんて、
世界の果てまで恐縮しながらも、うれしい限りでございます。
本当にありがとうございます。

これからもマジメに、コツコツ、きちんと仕事をしようと、
励みになります。

で、これからもマジメに、コツコツ、きちんと仕事をするために、
シーズは明日から8月16日(水)までお盆休みとさせていただきます。

スタッフ一同、キッチリと充電&アルコールチャージをして、
お盆明けからはキッチリとシラフで仕事に向き合いたいと思います。

皆さまも、事故・おけが・泥酔にお気をつけて、
素敵なお盆休みをお過ごしください!

発売から約3週間が経過したサカバナ。
皆さんにご協力頂いたおかげで、じわりじわりと在庫が減っております。

「どうせ2年くらいは在庫の山だろうから、そのうち買えばいいや!」と
思っていたそこのアナタ!

まさかのまさかで「完売」があるかもしれません。
どうぞ、お早めにお求めください。

なお、6月30日までは感謝ウィークとして、更にスペシャルなオマケが付きます!!

もう赤字どころの騒ぎではありません。
出血大サービス。ミイラ寸前です。

下記ホームページからご購入いただいた方のみの限定特典(先着10名)となります。

http://sakabana.com

オマケの内容は到着してからのお楽しみ!!

DSCF1963.JPG
ヒントはこの写真に

というわけで、2冊目、3冊目のご購入も大歓迎!
ご近所、親戚、ご友人などなど。夏のお中元にもぜひオススメしております。


さてさて。

サカバナのFB「サカバナノサカバ」では、サカバナ執筆陣がオススメの酒場、グッと来る古酒場をゆるーく紹介しています。

それを見たFBユーザーのUDON ANGYAさんが、なんとこの度、
「 サカバナの酒場マップ」を作ってくれました。パチパチパチ!!!

https://www.google.com/maps/d/viewer?ll=43.07834037097628%2C141.35374812170414&msa=0&z=14&mid=1rTen70v2xH5XYNGvGsElxtOYqfE


これさえ見れば、最寄りの酒場が一目瞭然!

最短ルートで酩酊まで一直線です。

酒場までは迷わずとも、帰り道で迷うのが呑兵衛。みなさん気をつけましょう。

お疲れさまです、佐藤です。

満を持してシーズが発行した『サカバナ』
発売日から2週間ほど経ちました。
大変にご好評いただいているようで、恐悦至極であります。

ご購入いただいた酔狂な皆さま、
本当に、本当に、ありがとうございました!

仕事ではないということで、
制作サイドとしては、日頃仕事ではなかなか試せないことをやってやろうと、
密かに目論んでおりました。

そのひとつが、書体の選定。

新たに書体がリリースされても、
「個性的すぎるが故、普段使いが難しい......」と、
"観賞用"として眺めていた書体を、ついに使う時がやってきたのだ......!

わたくしが一番使いたかったのが、
この書体↓↓↓

sakabana_obi.png

『筑紫Bオールド明朝』 酔っぱらってる感じがしませんか?


通常の仕事では使いどころが難しく、
(佐藤的にはCよりも難しく感じます......)

自分の好きなテキストを入れては、
いつも一人遊びばかりしておりました。


yuruyurukoushin.png

「る」がすごい......!ていうか「ゆ」だってすごいぜ.........!!


シーズが初めて発行する記念すべき書籍を、
『筑紫Bオールド明朝』作者、
藤田重信氏の書体しばりでいこう
と、心に決めた佐藤。

本文・カバー・帯・も、ぜーんぶ筑紫書体。
(正確には本文p166〜p171のみ別の書体)

bloog_honbun_setsumei.png
bloog_honbun_setsumei_2.png


チラシ、ディスプレイ用のビール、コースター、
広告に至るまで全部です。

sakabana_moromoro.jpg


「これは氏に報告せねばなるまい......」と、
名だたる巨匠とも交流のある、希代のヒットメーカー 藤田氏に、

札幌の片隅で、チクチクと仕事をしているぺーぺー佐藤が、
厚かましくも・僭越ながら・断りもなく、
『サカバナ』を送りつけたのでありました。。。

そして数日後、、、、、

なんと、藤田氏ご本人から、
お返事が来たのでありますーーー!!ぬはー!

hagaki_fukan.jpg


ご意見、ありがとうございました!
迷った末、オールド中心で組んでみました!
(しかもリリース前の書体で、お葉書をいただいた!)

hagaki2.jpg


な、な、なんだって!!?

、、、という訳でして、
フォントワークスさんのサイトに、
書体使用事例として『サカバナ』が掲載されております!

大変に喜ばしい!!


◎フォントワークスさん 書体使用事例
https://lets-site.jp/fontstory/case/archives/4

ブログにもアップしてくだすっている!
なんということだ!!

◎フォントワークスさん ブログ
https://fontworksblog.tumblr.com/


真面目に(仕事中はシラフです)コツコツ仕事をしていれば、
時々、いいことが起きるものなのだな。しみじみ......。

クセになる筑紫書体がた〜っぷり詰まっている『サカバナ』!
まだまだ絶賛発売中。

「普段、本なんて読まないしな......」という皆さまも、
ぜひぜひお手にとってみてください!
Q大きめ設定のため、サクッと読めると思いますよー。

sakanbanacom.png

全国1億3千万人の酒場ファンの皆様。

お待たせしました。

シーズが初めて出版する書籍「サカバナ」が
本日より発売となりました!

IMG_6103.JPG
年賀状がようやく現実になりました。

執筆を担当したのはご覧の方々。

この間、酒場にて。 ... 路地裏の人
しっかりせよと抱き起こし。 ... 長谷川 圭介
2016年の酒ライフ ... 1972
記憶のない記憶 ... 上坂 竜彦
五反田のブルース・ウィリス ... マチルダ246
実録。酩酊エクスプレス ... HIRO★ヒロサワ
TRIP for BEER ... ナカイ レイ
昨夜も、古酒場。 ... 山本 公紀
呑兵衛料理手帖―塩辛をつくる― ... 弘中 雄也
うなずきの達人。 ... 鯖野 〆太郎
アイツの失態 ... にたどり はるな
永遠の嘘をついてくれ ... イシワタリ ヒロミ
飲み屋観察記 ① ... ジャン=ポール・山田
飲兵衛あるある。
アイツの失態 アンコール ... にたどり はるな
断酒日記 ... 高井名 頑馬
連載小説 酒井とサイババ ... 続木輪 有留乃
酒場の果てのラーメン屋 ... サ○デー
テクノカットで、シェイカーを。 ... カマトモ ハルヤ
酒場のおじさん。 ... とかみち かなこ
札幌昼飲み同好会 ... 白山 勇一
海抜62mの避難小屋 ... イーデス・ドライブ

―特別寄稿―
骨片×4 ... 河﨑 秋子
ションベン小路の男たち ... 和田 由美

豪華?な著者陣が酒場での失敗談や酔いどれ妄想を惜しげも無く書き綴っております。

数日前のブログで「売れば売るほど赤字」と書いたら「買っても大丈夫?」と、ご心配の声を多数いただきました。

http://www.cs-sapporo.com/bloog/2017/05/25005019.php

もちろん、大丈夫です!

売れなければ、地獄です!!

ぜひぜひ、買ってください。

お求めはこちらから!

http://sakabana.com

クレジット決済にも対応しました!

コンビニ支払いもOKです!

(※Yahoo!アカウントが必要です)

さらに、道内主要酒場でも取り扱っています。

beis AOYAMA

札幌市中央区南3条西1丁目 フロンティア札幌ビル4F

電話: 011-222-0787

★BAR SCRATCH

札幌市中央区南3条西3丁目6-1 もりにビル 4F

電話: 011-251-0355

酒と肴 たつ吉

札幌市中央区南4条西6丁目 晴ればれビル 1F

電話: 011-219-1330

paradis?(パラディ)

札幌市中央区南2条西7丁目1-1 エムズスペース 1F

電話: 011-211-1232

ミノタケ

札幌市中央区南2条西3丁目13-2パレードビルM3F

電話011-839-4057

ほの家

札幌市中央区南1条西11丁目1コンチネンタルビル B1F

電話011-221-7688

Bar 螢

札幌市中央区南3条西6丁目

電話011-223-5145

下記でも販売中です。

オブジェクティフ

札幌市中央区北1条西7丁目廣井ビル4階

電話011-272-0673

シーズ

札幌市北区北7条西5丁目ストークマンション908

電話:011-726−5071

一部、書店にも置いてます。

ぜひぜひ、よろしくお願いしま酒!!

<2017年6月5日 追記>

こちらでも販売中です!

BBB's Cafe (スリービーズカフェ)

札幌市中央区南3条東1丁目(創成川沿い)

電話:011-251-5567

たびたび弘中です。

発売日が今週末に迫ったシーズ初の書籍「サカバナ」。

実はアマゾンで予約を受け付けています。

文学・評論(エッセー・随筆)部門の新着ランキングでは・・・・

001.jpg

なんと、20位にランクイーーーン!!

002_new.jpg

尾崎世界観よりちょっと下ですが・・・

伊集院静先生(22位)や

003_new.jpg

角田光代先生(49位)、池波正太郎先生(50位)より上!!!

004_new.jpg

でもでもでも!
アマゾンからお買い上げの場合は「本だけ」のお届けです。

シーズから直接購入いただくと、オマケが付きます!!

IMG_7865jpg.jpg

お求めはコチラの特設サイトからどうぞ。

sakabana.com

近日中にクレジット決済にも対応予定ですって!

ヒロナカです。
今日はちょっと真面目なお知らせです。

年賀状が届いた方にはフライング気味に告知をしていましたが、
シーズがついに(やっと?)、書籍を出版することになりました。

タイトルは「サカバナ」。
ご想像の通り、酒や酒場にまつわる本です。

IMG_7847-1ー.jpg

とは言え、酒場ガイドだとか、酒の嗜み方の指南書的な実用性はまったくありません。

酒場での滑った転んだ話やら、一話限りの連続小説やら、泥酔時のラーメン記録やらを、弊社スタッフや外部のライター、カメラマン、イラストレーターなどから集めて、「えいやっ!」とコンパイルした酔狂なシロモノです。

酒場を愛する人々の輪が広がっていけばいいなぁと、そんな想いで作りました。

印税でガッポリ稼いでやろうと目論んでいましたが、
制作費が販売価格を上回るという凡ミスを犯しており、売れば売るほど赤字になるというシーズらしいオチがついております。

作ったからには皆さんに読んでいただきたく、特設サイトも作りました。

http://sakabana.com

こちらから購入いただくと、素敵なオマケが付くという噂です。←ホントに付きます!

IMG_7865jpg.jpg

一家に一冊、夫婦で二冊、トリオで三冊。

ご近所、親戚、職場、クラスの皆さんにもご紹介いただき、
お誘い合わせの上ご購入いただければ恐悦至極。

発刊は6月2日 金曜日!
どうぞ、よろしくお願いします!!

事務所と酒場の往復では、
肝臓にも来世にもよいことはないであろう


という神のお告げが電波に乗って空から降ってきた!

...わけではなく、
ご懇意の会社が所有する農場の一部を
貸して頂く機会に恵まれたので、
スーパーオーガニック@ガンマジーティピー@シーズ農園がオープン。


といっても広さは3坪ほど。
さらに農園管理のオーソリティである
HAJの「I垣氏」による
手取り足取りの指導のもと、だけども。

それでもシーズメンバーにとってはほぼ初の農業。
若干、前のめり気味に張り切っております。

IMG_7739.JPG
土を起こしたり、畑を耕したり、畝(うね)を作ったり、


IMG_7741.JPG
なんだかよく分からないハンドルを勝手にくるくる回したり(山本担当)

IMG_7750.JPG
ポットを選んだり、そこに種を植えたり、畑に直に種を巻いたり


IMG_7740.JPG
池をボーッと眺めたり、ときどき石投げたり、アメンボを追いかけたり(山本担当)


IMG_7753.JPG
種の上から丁寧に水をまいたり、寒さ対策の藁を敷いたり、

IMG_7747.JPG
だはは。この豆そのまま食べたいわさ!と言い出し失笑を買ったり(山本担当)


と、私がいる意味はほぼナッシングでしたが、
外で働くのはホント気持ちのいいもの。

シーズ農場主@富中の壮大な構想のもと
秋の収穫まで農園はフル稼働の予定。
数量超限定ガンマジーティピーベジタブル、
ただ今予約受付中であります。嘘であります。

豆をかっさらっていくアイツに注意。


IMG_7768.JPG

どうも、ヒロナカです。
みなさん、ゴールデンウィークはいかがお過ごしだったでしょう?
今年は曜日の並びも良く、長い連休を楽しんだ方も多いと思います。

ゴールデンウィークの真ん中にある5月5日は、誰もが知っている「こどもの日」です。

20080504190113.jpg

こどもの健やかな成長を願う国民の休日なのですから、この日ばかりは我が子と一緒に過ごすのが、良識ある大人としての責任です!

決して、こどもの世話を放り出して・・・・

昼間から狸小路の酒まつりに出かけてビールを呑んだり、

1_020170506150230_pxNK9.jpg

二条市場裏の昭和感全開の酒場「ハマコ」で、店主から「おはようございます」と声を掛けられたり(酒場で「おはようございます」ってギョーカイ人かよ!と驚いたり)、

2017-05-05 11.56.32.jpg

2017-05-05 11.55.29.jpg

中央バスターミナルのおでん屋「七福食堂」で、赤ウィンナーをつまみにレモンサワーをちびちびやったり、

2017-05-05 12.07.33.jpg

2017-05-05 12.18.21.jpg

札幌駅前通の「松のや」でビール(150円)、ポテサラ(150円)だけ頼んで、300円の会計で済ませたり、

2017-05-05 12.58.03.jpg

2017-05-05 13.03.40.jpg

大通りの「恵比寿商店」で若い店員の女の子にクダを巻きながら、鉄火巻きとネギトロ巻きを頬張ったり、

2017-05-05 14.37.46.jpg

2017-05-05 13.43.01.jpg

すすきのの「サイゼリア」で、酔っぱらいオヤジを蔑む高校生の視線に耐えながら、格安のデカンタワインと激安の生ハムに狂喜したり、

s_0044.jpg


純米酒専門のおしゃれな立ち飲み「八咫(やた)」でスルメをつまみに絶品日本酒を堪能したり、

2017-05-05 16.15.03.jpg

2017-05-05 16.14.26.jpg

狸小路の名店「う月食堂」で瓶ビールを飲みながら、女将さんと世間話に花を咲かせたりしては・・・・

2017-05-05 16.38.39.jpg

2017-05-05 16.38.03.jpg


絶対にイケナイのです。


※この話はフィクションですが、同行の友はさらに4軒ハシゴするという悪事を重ねたそうです。

お疲れさまです、佐藤です。
皆さん、InDesignの組版ライフ、エンジョイしてますか?

工夫次第で、どこまでも効率的に組版ができてしまうInDesign
楽しいですよね。


InDesign_icn.png


でも、別に工夫なんてしないで使ったって全然いいし、
冊子だけじゃなくて、ペラものを作ったっていい。

ていうか、紙じゃなくてもWebデザインするときも便利だし、
EPUBも吐き出せるしで(やったことないですが)、
いろんな使い方ができてしまう、なまらすごいやつ。

各々が、各々の使い方。
みんな違って、みんないい。
当社でも、スタッフによって使い方はまちまちです。

それ故に組版作業というのは、
わりかし、孤独になりがちだったりします。(そうでもないですか?)

正規表現がうまいこといった!とか、
バグにより阻まれていたのだが、裏技で回避できた!とか、
成功したときのよろこびを分かち合うことができず、
ひとり心の中で、小さくガッツポーズをするしかありませんでした。

そして、疑問点が出てきたときも同様。
ひとりネットで答えを探し続け、
見つけた方法を、片っ端から検証していく......。

あぁ、こんなときに教えてくれる先生がいたら、
すぐ解決できるのになぁ、、、と、思いを馳せていたある日。

佐藤は、
ものすごく心強い先生を、見つけることができたのです!

それは、
Adobeサポートセンター(チャット)先生と、
InDesignジャパンフォーラム先生。


Adobeサポートセンター(チャット)先生のすごいところは、
リアルタイムで疑問点に答えてくれるところ。

しかもチャットなので、仕事と並行しながら先生に質問ができる!!

質問したことによって、物事がなんだか整理されてきて、
いつのまにやら問題解決できちゃった時にも、一緒によろこんでくれます。


sapotocsnter_sensei_2.jpg


先生と気持ちが通じ合って、
非常に気分があがる!


チャット終了後には、
やりとりをメールで送ってくれるので、
あとで振り返ることもでき、すごく親切。↓↓↓

(サポートセンター先生もおすすめする、せうぞーさん。
すごいな......)


sapotocsnter_sensei_chatnokiroku.jpg


そんなこんなで、
少々、先生に質問をぶつけすぎた、ということと、
サポートが終了しているCS6を使っている、というのが先生にバレまして、

紹介されたのが、
InDesign ジャパンフォーラム先生。

サポートセンター先生みたいにリアルタイムで、という訳にはいきませんが、
こちらも、いろんな先生が疑問に答えてくれます。

これバグなの?それとも、佐藤が悪いの?
微妙な疑問すぎて、ネットで答えが見つからない.........などなど、
ひとりで鬱々と考えていたことが、どんどん解決ささる!


みんなも、わからないことをクヨクヨ考えているより、
まずは、先生に質問をぶつけてみるがいいよ!!

このページの先頭へ