スマイル書房

『タイトル未設定』 (出版社未設定)
買い取ってやる度
☆☆☆☆☆

ちょこちょこ増える本の、整理術を発見いたしました!

お疲れさまです、佐藤です。

店番・佐藤の偏った書評ばっか続いてもなあ、という訳で、店長・上坂に貸し出し中の、コレコレ

ドストエフスキー先生あるあるで、共に盛り上がろうと思っておりましたが、
ふと、上坂の机上に目をやりますと、


uesakano.jpg

一生読まなさそうな様相を呈している。

上坂よ、
この後も、残る先生の四大長編と、江川卓『謎とき』シリーズも控えているので、そこんとこ夜露死苦!

(うそだよ。返却いつでもいいからね。上坂、多忙につき瀕死寸前だもんね。)


ということで、最近読んだ本を一気に。
また偏りがちで、すみません。


ikkinihon.jpg


------------------------------------------------------
①『火を熾す』ジャック・ロンドン

じわじわと迫る死の恐怖に、身も凍るような本作ですが、なんとこれを書いたのが、ワイハ(ハワイ)という驚き。

そして、ロンドンの自己ノルマが一日1,000語(日本語にすると約2,500字)だったとか。
『MONKEY vol.4』より)

この原稿量を、午前中で、毎日書く("Type"じゃない、"Write"ですよ)って、めちゃめちゃだな.........。
------------------------------------------------------
②『老人と海』ヘミングウェイ

うーん、微妙。
------------------------------------------------------
③『変身』フランツ・カフカ

河合隼雄先生 曰く
ドッペルゲンガーがうまく書けてるそうで。
そして、引きこもる人の心情は、
非常にザムザ的なんだと。

ちなみに、
仮面ライダーのセリフでおなじみ「変〜身!」は、
これからきてるんですって。
虫になる話だから。
------------------------------------------------------
④『静かな大地』池澤夏樹

闇の歴史が身につまされる、
「北海道命名150年」節目の年に、道民必読の作品。

ちょっとだけ武ちゃん出てくるヨ!
------------------------------------------------------
⑤『松浦武四郎 北の大地に立つ』合田一道

武ちゃんの偉業が気になる方は、
当社"武四郎マスター"である、
横田さんに聞いてください。

本文・柱・見出し・CAPも、ぜんぶ「筑紫」書体。

であれば、表紙まで徹底させてほしかったな。
まぁしょうがないよね。いろいろあるもんね。
------------------------------------------------------
⑥『文字の霊力』杉浦康平

ここでは、書ききれないー。
------------------------------------------------------
⑦『陰影論』戸田ツトム

こちらはオール「筑紫明朝」。ウェイトも同じなのかな。こんな思い切ったことできない......。
------------------------------------------------------
⑧『ブックデザイナー鈴木一誌の生活と意見』
鈴木一誌

帯に引用の文章が、チクリと心に刺さります。

「カラーのプレゼンをチョイスするだけの編集者は、編集者ではなく消費者なのだと思う。......」
------------------------------------------------------
⑨『ページと力』鈴木一誌

「デザインは編集なのである。」

この本のすべてが集約されていると思える、
最後の一文。

こういう方々の延長線上に自分がいるのだ......と、考えるとき、今まで作ったもの、片っ端からやり直したい気持ちになります。
わ〜ん!!
------------------------------------------------------


ちょこちょこ増える本、
どう整理していこう......と思っておりましたが、
上坂に押し付ければいいのか。

上坂、よろしくねー。ういーす。