スマイル書房

アーカイブ

ここはガンコ店主がドクダンとヘンケンで本の価値を決める小さな古本屋さんです。
『その女アレックス』 (文春文庫)
買い取ってやる度
★★★★☆

遅まきながら、
明けましておめでとうございます。
「スマイル書房」店主です。
今年もよろしくお願いいたします。

私は店番を長らく放棄していた。
なぜなら一冊の本を手に取るため、
渡仏していたからだ。

というのはツマラナイ冗談。
この書き出しには理由がある...
ようなないような。
(サボっていてスミマセン)

本書はフランス生まれの大ヒット作。
世界中で翻訳されているのだそう。
帯の文句に弱い私なんかは、
「あなたの予想はすべて裏切られる!」
「慟哭と戦慄の大逆転サスペンス」
などと謳われた日には、
すぐに手を出してしまうのだ。

それら惹句の通り予想を裏切られたし、
慟哭まではいかないけれど、
胸に迫るものは感じた内容。
個人的にとても面白く深い小説だった。

ただ、海外文学に慣れない私は、
日本語訳の文章に悩まされたわけで。

細かいけれど、「○○は○○した。
なぜなら○○だからだ」
という文体が頻出するのが
気になって気になって仕方なかったのだ。

中学生のころ、
教科書の英文を和訳した時のような感じで、
むしろ懐かしさまでこみ上げてきた。
ついでに...

"え〜と、何だっけ、あの英語の構文的な...
そうそう、ホワイ〜?ビコーズ〜だ!
習ったのは中学1年生の時だったかな〜"

とか

"そういえば当時はリーゼントを赤く染めた
おっかない3年生がいて、
目を合わせないようにしていたな〜。
あの赤髪は血で染まったという
まことしやかなウワサもあったな〜"

といった具合に一度気になり始めたら、
ホワイ〜?ビコーズ〜的文章が出てくるたびに、
意識が中学時代へトリップしそうになる。

集中できないのは翻訳のせいかって?ノー、ノー。
ビコーズ店主が散漫な質だからだ...。

オチがグダグダだと突っ込まれそうな、
虫のインフォメーション。
本書を読了し、ラストを語り合いたい方がいれば、
ぜひ酒席をトゥギャザーしようぜ!

『コの字酒場はワンダーランド』 (六耀社)
買い取ってやる度
★★★★☆

コの字カウンターを意識するようになったのはいつからだろう。

古酒場、末枯れ系の居酒屋、角打ち酒場、
立ち飲み屋、場末の食堂...。
チェーン店には醸し出せない
風情や佇まいを巡り訪ねるうちに
いつの間にやらあの様々な必然性が導いた
「コ」の字の小宇宙に
魅了されていったのだろうなぁ。

とはいっても。

実は札幌にはコの字カウンター酒場はそう多くない。
ワタクシの大脳皮質の奥の酒場索引を捲っても
両手で足りるほど。...チェッ!


そんな妙なバイアスのかかったローカル飲兵衛の
欲求不満を解消してくれるのがこの本。
花の東京周辺の、
愛すべきコの字カウンター酒場の綴りだ。

もちろん、野暮な酒場のガイドブックの類ではない。

品書きに宿る気格、「コ」の微妙な形態、カウンターの材質、
馴染客らの趣き、焼鳥や煮込みの味わい、
さらにコの字の内側の店主や
女将の気風や振る舞いまで、
古酒場に対する畏怖と敬愛を礎に、
その情景を行間に映しだすかのごとく、
丁寧に、実に丁寧に記している。

だから、行きたくなる。
その風情に情緒にモーレツに浸りたくなる。
燗酒の香の漂うアルコール銀河に
ふわふわふらふらと漂いたいとリアルに切望してしまう。


なので。
つまり。
要するに...

 


札幌ローカル飲兵衛の欲求不満は
いつまでも解消されないとゆーことのだ。

...チェッ!

『フォントのふしぎ ブランドのロゴはなぜ高そうに見えるのか?』 (美術出版社)
買い取ってやる度
★★★★★

「昔"U"の字はなかった。」
「高級ブランドのロゴが高級に見えるわけ」
などなど、

「欧文書体1」「欧文書体2」の総集編のような内容で、
内容もいいとこ取りで、読みやすい!

書体の世界は奥深いなぁ...。
仕事してるあいだだけ、祖父江慎が乗り移んないかなぁ...。

「ヒラギノ」作者、書体デザイナー小林章氏 著です!

『償い』 (幻冬舎文庫)
買い取ってやる度
★★★☆☆

怪しいヤツほど犯人ではない。
これは推理モノ「あるある」
として殿堂入りしている(店主調べ)。

人は怪しくないヤツの中から犯人を予想し、
結末に向かってページをめくるのだ(店主調べ)。

そして物語のラスト。
「はい、残念。犯人は意外なア・イ・ツ。
まだまだ甘いね〜ボ・ウ・ヤ」
という作者の悪意(被害妄想)にふれることで、
「こんちきしょう!てやんでぇ!」と
別の作品を手に取る情熱がわくってもの。

『償い』は元医師でホームレスの主人公が、
ある町の連続殺人事件に関わり、
すったもんだの末に犯人に迫っていく。

焦点は「怪しいヤツ」。
本作の犯人を予想するとき、
大半の読み手は2人に絞ると思う。

ものスゴく作為的に怪しいヤツと、
ものスゴく作為的に怪しくなさすぎて
むしろ怪しいヤツ。

どっちだ!どっちなんだ!?
ええい、ままよ!
「あるある」に素直にのっとって、
ものすごく作為的に怪しいヤツは除外!

結果は...大当たり!勝ったぜ!

冷静に考えてみる。
...いや、誰と戦っていたのだ。
読書はそもそも戦いですらない。
こんな楽しみ方は「なしなし」だ。
推理モノとの向き合い方を、
思い直すきっかけとなった一冊。

ちなみに本作は、
ミステリーに分類されるらしい...。
そもそも推理モノじゃないじゃん!

『競馬場で逢おう』 (宝島社)
買い取ってやる度
★★★★★

あんな人、もう世に出てこないだろうねぇ。

偉業を成し遂げた人が亡くなると
誰彼なく囁く常套句だけれど
このフレーズがドンピシャな人だわね、寺山修司。

詩人であり劇作家であり歌人であり演出家。

昭和の混沌たるカルチャーの先鋒を
鋭利な感覚でグイグイ切り拓いた表現世界の巨星。


...たる彼が記した名著が「競馬場で逢おう」。
昭和45年から死の直前まで報知新聞に連載した競馬予想エッセイだ。


いやはや面白い。
自分が競馬を嗜むからってのもあるんだろうけど
鬼才寺山修司が垣間見せる
斜に構えぶりというか、粋な堕落感みたいなのが
もうたまらんのだよね。
肝心の予想も、
寿司屋の政やミスト◎コのももちゃんとの
くだらねー会話からひねり出したり、
世相に対するシニカルな語呂合わせだったりする上に
あらゆる思考の根幹には、
一番人気などクソくらえの反体制スピリッツが渦巻くもんだから、
全然当たらない。外れまくり。スカに続くスカだ。


だが当の寺山修司はどこ吹く風。
外れようが、一番人気が来ようが、大損しようが知ったこっちゃない。
それまでの連戦敗戦を気にすることもなく
飄々と淡々と今週の馬柱を眺めるのだ。

実に潔い。実に鯔背で、実にカッチョよい。

で、オレもこうなりたい。
オイラもこんな立ち振舞がしたい。
ぜひともなんとか、自分も寺山化したいと、
ワンカップ片手に鉄火場(競馬場)に赴いたりするのだけれど。


結局は... 最終レースの前、
ポケットに突っ込んだ指先で
帰りの地下鉄の小銭をしっかり確認するあたりの

己の小市民さにただ辟易とするだけだったりするのだよね。

ロードオブテラヤマは、遠きけり   ...アーメン。

『高校入試』 (角川書店)
買い取ってやる度
★★★☆☆

高校入試を受けたのは今から、えーと(計算中・・・)約20年前!

あまりに過去すぎて、ちょっと気絶しそうになる。

当時、旭川の中学に通い、家の都合で岩見沢の高校を受験。
受験会場に友人の姿はなく、一人寂しく弁当を食った記憶が蘇る・・・。

なんて、私のどーでも良い思い出はさておき、
高校入試をテーマにしたのが本作。

作者は「告白」「贖罪」の湊かなえ。
手の込んだ伏線があっちこっちにタップリと張り巡らされているのは、さすがミステリーの名手。

ところが準備に張り切りすぎたせいか、肝心のクライマックスがアレレ?な感じ。

付き合いたての女子が作る晩御飯ごとく、
ちょっと良い食材を買い込み、
普段使ったことのない調味料で味付け、
じっくりコトコトに煮込んで、
タップリと手間ひまをかけた割には仕上がりはフツーという・・・。

残念。

だが男子たるもの、ここは「超ウメーよ!」と、モリモリ食さねばならない。

間違っても「フツー」などと言ってはいけないのだ。

『さあ、地獄へ堕ちよう』 (角川文庫)
買い取ってやる度
★☆☆☆☆

4時間にも及ぶ列車の旅。
車中で読もうと思っていた本を家に忘れた。
発車時刻まで残り5分。行動はひとつ。
私は叫ぶ(心の中で)。
「必殺平積中適当一冊選抜!」。

無事に乗車して裏表紙のあらすじに目を通す。
ふむふむ、主人公はSM嬢?
なになに、身体改造をすすめてくる同僚!?
なんとなんと、凄惨な姿の死体写真が
アップされるサイト!?!?

...ちょっとカゲキすぎやしませんかね。

物語は主人公の友人が殺され、
殺人請け負いサイトの「ようなもの」に
写真がアップされるところから急展開。
このサイトの事件に関しては
どういうワケか警察はダンマリだから、
自分で運営者を見つけてやる!
という感じだったと思う。

「思う」というのには理由がある。

身体改造やらSMやら殺人やら自殺やら、
「痛み」や「死」といった重たい内容が
物語の一つのテーマだ(と思う)。

反して主人公のノリが青春なのだ。
冒頭は無気力な性格だったが、
友情とか、正義とかに目覚めて、
後半に進むにつれどんどん青春していく。

主人公が人を殺めても、
「そんなの若さゆえのア・ヤ・マ・チ」
みたいな軽い扱い。
夕陽に向かって「バカヤロー!」すれば、
何をしても帳消しになりそうなくらい
もう、清々しいほどに青春するのだ。

さらに地の文と台詞回しもイマドキ言葉だから、
いっそうライトに感じる。

そのテーマの重さと青春と軽いタッチの
チグハグが気になって、気になって、
内容があまり頭に入ってこなかった。

気になるならもう一度読み直せばいいって?
スミマセン、某古書店に売っちゃいました。

『砂の王国』 (講談社文庫)
買い取ってやる度
★★★☆☆

窮地に陥った人を宗教が救う。
というと入信のほうを思い浮かべそうだが、
本作の主人公は路上生活というピンチを、
宗教の立ち上げで切り抜ける。
それもインチキ宗教で。

教祖は絶世の美男子。師範代は易者。
いずれも路上生活で出会った少し難アリの人物だ。
主人公は事務局長として2人をコントロールする。

本作は上下巻に分かれていて、
上巻はホームレス生活のやたらとリアルな描写から、
宗教組織の立ち上げまで。
下巻は信者の熱が予想外にふくれあがり、
タイトル通り砂のように崩れていく結末へ向かう。

ご都合主義や伏線を回収できていない部分はあるが、
全体にテンポの良い文章なので一気に読めてしまう。

妄信の怖さとか、人間の欲深さとか、
刹那的な打算の軽薄さとか、嫉妬のおぞましさとか、
人それぞれに受け止め方がありそう。

店主の場合は読み終えた後、こんなことを思った。
当店の「裏オーナー(謎の人物)」から
もしクビを言い渡されたら、
路上生活をして美男子と占い師を見つけて、
インチキ宗教を立ち上げて、
グレーゾーンの仕事に手を染めて、
信者を手品やコールドリーディングでだまして、
自作の壺を高値で売りつけて...。
という面倒なビジネスプランを実行する前に、
某古書店全国チェーンの
「BO●KOFF」に履歴書を送ることだろう、と。

『のぼうの城』 (小学館)
買い取ってやる度
★★★☆☆

今、週に一度の楽しみが大河ドラマ「黒田官兵衛」。
賛否はあるらしいが視聴率は概ね15〜20%をキープしてるとか。

というわけで今回は戦国モノ。
本屋大賞で話題の和田竜の「村上海賊の娘」・・・の前作「のぼうの城」。(「の」ばっかり)

官兵衛に出てくる豊臣秀吉、石田三成も登場する。

舞台は武蔵国・忍城(おしじょう)。
兵500名の小城ながら数万の豊臣軍でも落城できず、
その逸話はさまざまな作品の題材になっている。


内容は主人公を含む少数精鋭が敵の大軍と戦い、
少数軍が奇策や奇襲、あれやこれやで奇跡の逆転を収める・・・
というどこかて聞いたような王道パターン。

登場人物もかなりデフォルメされていて、良くも悪くもマンガっぽい。
マンガっぽいからサクサク読める。
全くアタマは使いません。


このテの作品は史実に沿っていないだとか、時代考証がなってないだとか、
特に時代小説ファンからクレームがつきもの。

実際、Amazonには酷評している人もちらほら。

でも、小説ってエンターテインメントでしょ、と。
史実と違っていようが、楽しませ人が勝ちじゃん、と店番ヒロナカは思うのです。

映画の方はんー、イマイチ。
どっちが先?と言われたら映画→小説でお願いします。

『光る牙』 (講談社 )
買い取ってやる度
★★★★☆

世の中には色んなコンビがいる。

欽ちゃんといえば二郎さん。
のいるといえばこいる。
タカといえばユージ。(トシではない)

そして本作にもコンビが登場する。
青年森林保護官とその上司。
イマドキの若手と無口なベテランだ。
何かに例えようと思ったけど、良い例が見つからない・・・。

舞台は北海道日高山脈。
厳しい自然、巨大羆との死闘。
森林保護官という職業が垣間見える山岳冒険小説だ。

少々、先が読めちゃう展開ながら、勢いがあるので、
ついついページをめくり続けてしまう。
そして、あーやっぱり・・・みたいな。

著者が元自衛官というだけあり
サバイバルなシーンの描写はかなり細かい。

登山、ロープワーク、スキーワックス、うんぬん。
アウトドアマニアにはオススメ。

このページの先頭へ