ワビサビ銀座

Vol.11 東京都 砂町銀座商店街

ヒビサビ度
☆☆☆☆☆
銀ブラ推奨度
★★★★☆

IMG_6297.JPG


ちっとも「わびさび」じゃないのである。
寂れ感も、すたれ感も、寂寥感も、物悲しさもないのである。

というよりも。
えらく賑わっているのである。

2222222222.jpg


砂町銀座商店街。
東京都東京都江東区北砂の2丁目から5丁目に伸びる商店街だ。

V3.jpg


場末銀座探索という、
やや変態的なこのコンテンツにはそぐわないし、
身近な北海道でもない。
ましてや時間的余裕がほとんどない貴重な東京ツアー...
その合間を縫って
この商店街に足を運ぶきっかけとなったのは
今は亡きキンキンが司会を務めた、例のテレ東の人気番組。

特筆すべき情景や名店などないけれど
猥雑とした下町の賑わいに、妙にそそられた記憶が残っていたのだ。

だからだろうねぇ。
商店街の入口に立った時は
前日のポールさんのコンサトート以上に久々にワクワクしたよ。

ごめんよ、ポール...


コチラコソ、
キョネンハ、
ドタキャン、
アイムソーリー!

paul.jpg
アンド ニッポンノギンザ、サイコー!


で、念願の砂町銀座を歩く。
クルマ通行NGの道幅は3メートルあるかないかほど。
そのせいか、商店街というよりも、縁日のそれ的風情が漂う。
人と人が近い。
人と店が近い。
このなんともいえない距離が妙にここちイイのだわね。

444-ODEN.jpg

444-BARBAR.jpg

444-URADOO.jpg

444-obaachann.jpg

444-MOTUYAKI.jpg


惣菜屋があり、床屋があり、洋品店があり
小売店があり、おでん屋があり、眼鏡屋があり、
風情漂う横丁があり、その奥に渋い酒場がある。

ちょっとパクリ系のネーミングの洋品店があり、
ABC-USO.jpg


日焼けで脱色しちまったサンダルしか売ってない靴屋があり、
sandarusandaru.jpg


なんだかよくわからないけども営業中の店がある。
nanndakawakannnai.jpg

だけどもシャッターが降りたままの店はほぼ皆無。
勢いの差こそあるけれど
どの店もそれなりの活気で生業を営んでいる。


000003.jpg


地方都市の商店街の惨憺たる様相はいわずもがなだけど。
最寄りの地下鉄や電車の駅からも
結構離れたこの商店街がある種の高揚感にあふれているのは、
近隣の住民たちが界隈が醸すノスタルジアや人情味や下世話感や
支え合いの文化や阿吽の呼吸や... 
その他モロモロの『安堵に満ちた地元カオス』の魅力/醍醐味を
ちゃーんと知っているから、なのだろうなぁ。


とか、柄にも無いことを考えてたら小腹が空いた。
ここからは商店街巡りの定石コース、一杯飲りましょうタイム。
ふと見ると、目と鼻の先に実に香ばしい煙を撒き散らす
惣菜屋系の焼き鳥屋があるではないか。

IMG_6335.JPG

全品ワンコイン! 
これぞ商店街!!


IMG_6329.JPG
シロとツブはタレ。手羽先は塩。
ビールは店の横のかごからセルフで。


かー...


うまい。泣けるほどうまい!

IMG_6331.JPG

わびさびの瀬戸際感の中で流し込むビールは、海馬の奥底に滲みるけど
下町情緒たっぷりの人熱れの中で飲るビールは、五臓六腑に沁みるねぇ...

とか思ったり、思わなかったりの、砂場銀座リポートでございました。
ごきげんよう。

とかいって、
あまりの居心地のよさに
もう一軒、
焼き鳥+立ち飲みのハシゴしてたりして。たはは。
last.jpg